コモ湖で1泊して、次の日の朝。気温はすでに一桁。猛烈な寒さです。特に夏でも腹巻きっこの私には厳しい急激な気温変動。寒さに震える体に鞭打って、さ、朝食の時間ですよ。今回の宿泊棟、離れのようなただ遠いような、本館からは少し離れたところに位置するお部屋だったので、迷子になりそうなのです。なので、お二人を迎えに行きます。挨拶をすませると、昨日の夜、お食事が終わった後、お二人で宿泊棟に戻るとき、どこで道を曲がるのかわからなくて偶然通りかかったホテルのスタッフに部屋まで連れて来てもらったと。寒さで早く部屋に入りたかった私の怠慢で、心細い思いをさせてしまい申し訳無かったです。と、今なら素直に言えます。

さて、昨日のディナーをいただいたメインダイニングに移動すると、テーブルからは外の美しいグリーンと空のブルーが心地よく、気分が晴れ晴れしますね。今日はコモ在住の日本人の方に来ていただいて、お二人は観光をすることになっています。しっかりと朝食を摂って色々と見て来てくださいね。我々はこの近くのメーカーで仕入れのお仕事。コモ在住の日本の方(渡辺さん)は、実は日本で仲良くさせていただいているISHIKAWA LABOの石川社長からご紹介いただいた方。とても親切で親身になって細かくきっちり手配してくださるので、本当に助かりました。石川社長、ご紹介くださり本当に感謝です。

渡辺さん、初めまして!この度はどうぞ宜しくお願いいたします。今日は船に乗ってBellagioの観光に連れて行ってくださるとのこと。さっそくタクシーに乗って出発します。船着き場まで一緒に行ってから別行動。我々は15時にはホテルに戻る予定です。あーでもないこーでもないとすったもんだしながら、仕事を終えてホテルに戻ると、伊藤は疲れた体を癒しにスパへ。私は商品の写真をとったり、各所に連絡したり、まどろみの世界に旅行したりと大忙し。予定の時間を過ぎてお二人が帰ってこられました。楽しんでいただけたみたいでよかったです。各お部屋に用意されていたProsecco(スプマンテ)を渡辺さんにお渡ししたらとても喜んでいただけました。持って帰るのは重いですがどうぞ召し上がってください。

コモも寒いですが、パリも寒いようなので、お二人に良さそうなダウンを用意しましたよ!良かった!喜んでくださった!!次の日、伊藤とお揃いのダウンで写真撮影。みなさんいい笑顔です。

パリへはエアフラで移動します。コモでもお土産をたくさん買って、スーツケースはそれぞれヘヴィになっています。そんな時、重量超過でエクストラチャージを取られたくないですよね。弊社の伊藤は、空港のチェックインカウンターでいい人を見分ける天才です。そのカウンターの人が遠かろうが並んだ順番が別の人にあたろうが、その順番を無視してまずは優しそうな男性のところでチェックインします。そして軽いものからスーツケースを載せましょう。セーフ、ギリギリ規定内でした。2個目は、ちょっとオーバーだけど許してもらいました。3個目、だいぶオーバーでしたが、もうこの時にはあまり重さを確認していないように見えました。ちゃんと確認されているとは思いますがスルー。4個目もかなりオーバー。えへへ。こういう時、笑って事なきを得ようとする典型的な日本人の私とは違い、伊藤eyeは細かく観察し、コンピューターのごとく分析することで、最適解を導きだします。それは出国審査や入国審査でどこに並ぶかという判断においても当てはまります。今回も神がかっていました。次回はパリです。

続く。